凡人の凡人によるグローバル戦略 インドと踊れ vol.1

[単行本]
凡人の凡人によるグローバル戦略
インドと踊れ vol.1

●内容紹介
長引く不況、雇用環境の悪化、失業率の増加、少子高齢化……。日本の将来を憂い、誰もが漠然とした不安を抱く昨今。経済の右肩上がりの成長期が既に終焉を迎えた事は、残念ながら、認めざるを得ない事実です。大企業は10年前に現状を予測し、資本力を生かして海外に拠点を移しました。しかし、国内の多くの中小企業は、先の見えないこの国で、今も息絶え絶えにもがいています。(中略)一部のエリートの皆さんは、衰退する日本においても勝ち組でいられます。しかし、私を含む大多数の凡人が、この国で活路を見出すのは並大抵のことではありません。私には2人の息子がいますが、2人とも絵に描いたような凡人です。(中略)この本は、インド・バンガロールで起業した次男の経験を通じ、土屋家の考え方やビジネス戦略を漫画の形で紹介したものです。次男の話を聞くと、大抵の人は「馬鹿なことをやっちゃったね」と呆れて笑ってくれます。皆さんも、この本を読んで、大いに笑ってください。私たちは、この厳しい時代を生き抜くため、中小企業のグローバル戦略のモルモットになろうと思います。 本書まえがきより

●原作者プロフィール
土屋 昭義(つちや あきよし)
「株式会社シヴァンス」代表取締役。「株式会社ITG」会長。27歳で独立、建設会社を起業し、民間工事100%で実績を伸ばす。後に、全国120社の中堅ゼネコンを有機的に結びつけた「ITGネットワーク」を確立。現在は「中小企業のアジア進出のモルモットになりたい」との思いから、2人の息子と共にグローバル戦略を展開中。

●著者:土屋 昭義
●仕様:A5サイズ(20.8 x 15 x 1.6 cm )/全119ページ
●発行日:2011年9月10日 
●発行:創碧社
販売価格 1,620円(税120円)

カテゴリーから探す

コンテンツ