【しずおかの文化新書17】幕末の産業革命 韮山反射炉〜伊豆韮山代官 江川太郎左衛門の挑戦〜

[新書]
しずおかの文化新書17
幕末の産業革命 韮山反射炉
〜伊豆韮山代官 江川太郎左衛門の挑戦〜

●内容紹介
世界産業遺産の登録を目指す韮山反射炉は、世界で唯一、現存する実働した反射炉です。
幕末に、韮山代官江川太郎左衛門の指揮の元、下田に建設するべく工事は始まりましたが、
下田港へやってきたロシアやアメリカの艦船を見て急遽韮山に建設することになりました。
日本の近代工業化の先鞭をつけた韮山反射炉は、まさに世界に誇る歴史産業遺産です。
その、韮山の反射炉をとりまく歴史や現状を探ります。

●編集長:八木 洋行
●執筆者:菅野利猛、橋本敬之、川口円子
●仕様:新書サイズ(タテ182mm×ヨコ108mm×厚み7mm)/全192ページ
●重さ:165g【メール便対応商品】
●発行日:2015年1月25日 
●発行:静岡県文化財団

★しずおかの文化新書の詳細については、
以下のサイトをご覧下さい。
http://www.shizuoka-cf.org/kikan/index.html
販売価格 514円(税38円)
型番 しずおかの文化新書17

カテゴリーから探す

コンテンツ